セカンドオピニオンに遠慮は要らない、準備に気合

セカンドオピニオンを受けるにはセカンドオピニオンの外来のある病院を訪れることになります。今やセカンドオピニオンを受ける人は増えていますので、臆することはありません。臆するどころか費用がかかりますので、吟味する必要が出てきました。

セカンドオピニオンを受けるために準備をします。セカンドオピニオンを受ける前に、これまで自分がかかっている病院で受けたデータ、資料などを紹介状とともに依頼します。

セカンドオピニオンは診察ではありません。元になるのは、病気の経過や診断、現在までの治療、現在の病気の状態などに関することが書いてある現在の主治医からの紹介状(診療情報提供書)と各種検査データ(CT、MRI、エコー、病理検査など)です。これらの資料や症状の内容から「セカンドオピニオン」、すなわち二人目の医師としての所見を受けます。

セカンドオピニオンによって、これまでの医師の所見と違うところがあれば比較検討し、同じ方針であれば、気持ちを強くして治療に専念しましょう。

セカンドオピニオンには今かかっている医師への費用もある

ところで、セカンドオピニオン外来のある病院を訪ねる前には、紹介状を書いていただく病院に支払う費用が発生します。

セカンドオピニオンに対する考え方は厚生労働省としては「セカンドオピニオン外来(自費診療)を設けていて、患者が自ら進んで受診したのであれば、保険診療としての取り扱いではなく、自由診療(患者の自費)になるが、保険医療機関を受診し保険証の提示があり、患者が保険診療を希望すれば保険診療の取り扱いとなる」としています。保険の範囲内ですと、自己負担は4,000円程度です。

ただ、たいていセカンドオピニオンを受けたいと考えた場合、隣町の同じ科のクリニックで・・・などというのは稀で、今かかっている病院より、より高度な技術のあるところ、より専門性のあるところ、有名な先生のところと希望するのが常かと思います。セカンドオピニオンを求められる病院は、セカンドオピニオンを受けたい患者さんで時間をとられてしまうので、自由診療として金額を定めているのが普通です。

金額は30分で1万円が目安。有名どころの大学病院だったり、人気のある病院などでは、30分で2万円、30分延長ごとに5000円というようなところもあります。

セカンドオピニオンの重要性を感じている医療機関というのは、費用などの情報も積極的に開示しているので、そういったこともセカンドオピニオンの病院を選ぶ目安にして、確認してみましょう。

セカンドオピニオン関連記事

薬を減らす!精神科もセカンドオピニオン

ステントかバイパス手術かセカンドオピニオン

セカンドオピニオン外来病院リスト(全国1:北海道〜関東)

セカンドオピニオン外来病院リスト(全国2:近畿〜沖縄)

うつ改善マニュアル〜現役看護師&理学療法士による最新のうつ治療。本当のうつ病の原因は、異常な筋緊張による自立神経失調症だった。〜

トップページへ戻る

Copyright © 2009 セカンドオピニオン外来のある病院と費用 All rights reserved.